中国での就業が終わったあとに必要な法的手続き

中国で就業するときに必要だった外国人就業証は、就業が終わったら抹消しなければなりません。

就業証を抹消すると、就業を理由に発行されていた居留証も抹消しなければなりません。

参考 外国人在中国就業管理規定第21条

居留証を抹消すると出国までの滞在を許可する停留証が発行されます。

IMG 2681

IMG 2680

就業が終わったら就業証だけを抹消し、居留証を抹消せずに、そのまま出国してしまう方がいますが法的にはNGです。

就業を理由に発行されている居留証なので、居留理由がなくなった時点で居留証の抹消も必要です。

就業証と居留証を管理している機関が異なっているため、2014年12月現在、居留理由がない居留証でも有効扱いになっているようです。

しかし、就業が終わってから出国するまでの間は、本来は停留証による滞在が認められているだけです。

中国の行政システムは頻繁に変わります。

今後、就業理由がない居留証での滞在が違法滞在として扱われるかもしれません。

中国での就業が終わったら、就業証の抹消だけでなく居留証も抹消して停留証に切り替えてもらいましょう。

関連記事

  1. 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません
  2. 中国でウェブサイト運営 中国でウェブサイトを運営する場合の留意点
  3. 事務所名と事業主名を同じにするメリット 事務所名と事業主名を同じにするメリット
  4. 知的財産の水際取締り
  5. 「Made in Japan」を表示するだけで中国で模倣品対策ができる 「Made in Japan」を表示するだけで中国で模倣品対策が…
  6. 満足する契約書はない
  7. 中国で現地法人を設立するときの代表者を誰にするべきか
  8. 著作権の譲渡契約書で最初に確認するポイント 著作権の譲渡契約書で最初に確認するポイント
PAGE TOP