中国で訴訟するなら先ずは出国

ビジネスにトラブルはつきものです。

トラブルを解決のためには訴訟を選択するかもしれませんが、中国で訴訟を始めるなら先ずは出国することが大切です。

中国では外国人の出国を禁止する場合として、未完の民事訴訟を抱え人民法院が出国を禁止した場合を挙げています(中華人民共和国外国人入国出国管理法第23条)。

現地法人の代表者や事件の担当者が出国制限の対象になるのはもちろんのこと、運用によってはそれ以外の邦人従業員も出国制限の対象になる可能性もあります。

現地法人のトップが訴訟を理由に国外に退去するという、日本人の感覚からすれば敵前逃亡のように思われるかもしれませんが、海外では身柄の安全を最優先するべきです。

身柄を拘束された状態では十分な訴訟対策を練ることすらままなりません。

訴訟が終了するまでには短くて数ヶ月、数年を要するのが普通です。

訴訟が終了するまでの長期間にわたり出国が禁止された状態が続くと、出国制限を解除したいばかりに不利な和解案を受け入れざるを得ない精神状況に追い込まれることにもなりかねません。

関連記事

  1. ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか

    ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか

  2. 中国ビジネスは人治主義と法治主義を使い分けよう

    中国ビジネスは人治主義と法治主義を使い分けよう

  3. 中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法

    中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法

  4. 中国税関が個人輸入を狙い撃ち

    中国税関が個人輸入を狙い撃ち

  5. 中国で現地法人を設立するときの代表者を誰にするべきか

  6. 外国の調査会社に技術情報を提供したときの違法性

  7. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。

    喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。

  8. 著作権登録が中国で増えている理由

    著作権登録が中国で増えている理由