店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目

アップルストア、スターバックス、ユニクロなどの有名店舗の外観デザイン(商品の陳列、店舗内の色彩、什器の配置など)は、それを見ただけで他と識別することができます。

店舗の外観デザインに加えて、商品のパッケージ、従業員の制服デザイン、販売技術など、商品やサービスの総合的な印象を保護対象とするトレードデザインが今、注目されています。

例えば、アップルとサムソンのデザイン訴訟では、アップル製品の外観デザインはトレードドレスとして機能すると陪審員に認められました。

アップルは、トレードドレスの保護に積極的な企業の1つで、ガイドラインにもトレードドレスの重要性を謳っています。

またアップルストアの店舗外観については米国で商標が登録されています(米国登録商標第4277913号)。

Large

中国ではアップルストアの外観デザインや従業員の制服デザインを完全にコピーした偽アップルストアが中国政府に摘発されたことが話題になりました。

中国をはじめ日本でも、トレードドレスの保護についてはまだ消極的です。

しかしアメリカがトレードドレスの保護を積極的に進めていけば、いずれ他の国も追従していくことになります。

知的財産権は属地主義なので登録された国でしか効力は認められないのですが、トレードドレスがアメリカで商標登録されていれば、中国政府が摘発したようにアメリカ以外の国でもトレードドレスとして保護される可能性があります。

参考 「コメダ珈琲店」に似た店舗の使用差止め

関連記事

  1. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  2. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  3. FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収 FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収
  4. 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール…
  5. 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策
  6. 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録
  7. 中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法 中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法
  8. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
PAGE TOP