知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

新しい製品を開発したので市場に出したい。

はやる気持ちは分かりますが、その前にやっておくことがあります。

他人の特許権を侵害していないかどうかの調査です。

Medium 378551336

photo credit: bragadocchio via photopin cc

 

特許の調査は面倒だ、特許の調査はお金がかかる、という理由で特許調査をしない人を見受けます。

しかしこれはとても危険な行為です。

 

空いている土地に勝手に家を建てる人はいません。

空いている家に勝手に住む人はいません。

 

特許の世界も同じです。

すでに存在する他人の権利を勝手に犯していいはずがありません。

自分たちが世の中に出そうとする製品が他人の特許権を侵害していいはずがありません。

 

日本はビジネスを行う事業者に高度な注意義務を課しています。

特許法でも製品を製造販売する場合に、他人の特許権を侵害しないよう事業者に高度な注意義務を課しています。

製品を製造販売した場合に他人の特許権を侵害した場合、他人の特許権の存在を知っていようがいまいが、事業者に過失があるものと推定して、損害賠償の責を負わなければなりません(特許法103条)。

 

特許権が設定登録されると特許発明の内容が公示され、誰でも特許発明の内容を確認することができます。

事業者には他人の特許権を侵害しないかどうかを調査したうえで製品を製造販売することが期待されています。

関連記事

  1. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明
  2. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  3. 権力が集中する日本税関の水際制度
  4. 商標の偽造と模倣の違い 商標の偽造と模倣の違い
  5. 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由
  6. 「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権
  7. 税関輸入差止が強すぎる理由
  8. 著作権契約と権原保証
PAGE TOP