簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方

著作権は商標権や特許権と同じ知的財産権です。

商標権や特許権は知っていても著作権はよくわからないという人が少なくないので、著作権の活用の仕方を紹介します。

 

著作権と商標権や特許権と大きく違うところは、著作権が無方式主義である点です。

著作権は、商標権や特許権と違って登録などの方式をすることなく権利が発生します。

 

商標権や特許権を取得するためには、特許庁の審査が必要ですが、著作権は審査というものがありません。

著作物を創作した時点で自動的に権利が発生します。

 

権利が発生した後は、その権利を有効に活用してビジネスを進めることができます。

 

例えば、あるデザイナーに製品に表示するロゴデザインを創作してもらいます。

ロゴデザインの著作権を買い取ります。

そのロゴデザインを製品に付けます。

たったこれだけです。

 

あなたの製品には著作権のあるロゴデザインが表示されているので、そのロゴデザインが表示されている製品を第三者が無断で製造すれば複製権の侵害になります。

 

著作権は、保護期間は著作者の死後50年(TPP参加で70年に延長予定)と非常に長いことや、外国での保護も約束されていたり、実はビジネスでも活用しやすい権利なのです。

関連記事

  1. 中国企業とライセンスを締結する際に日本企業が留意すること 中国企業とライセンスを締結する際に日本企業が留意すること
  2. 中国の商号と商標の関係
  3. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  4. 偽ブランド、海賊版の個人輸入について解説します 偽ブランド、海賊版の個人輸入について解説します
  5. 中国専門家のアドバイス 中国専門家のアドバイスを受けよう
  6. 中国人が日本直送品を好む理由 中国人が日本直送品を好む理由
  7. 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分
  8. 中国撤退 中国から撤退する場合の労働賃金トラブルに注意
PAGE TOP