罰則なしの「ザル契約」を交わしていませんか?

法律の遵守率を高めるための立法技術の一つは、遵守しない場合の罰則を定めておくことです。

国家が国民に対して定めるルール(法律)以外にも、当事者が自由に定めたルール(契約)があります。

契約も遵守率を高めるために罰則を定めておけば良いのですが、罰則を定めている契約は極めて少ないのが現実です。

これから取引を始めようとするときに交わす契約では、悪いことは書きたくないという思いから当たり障りのないことしか書かれていません。

しかし、罰則がない契約は、「ザル法」と同じで遵守率が低くなります。

 

ルールを守っている間は取引が継続されます。

取引を継続させるためにはルールを守る必要があります。

一方、取引を継続させる必要がなくなればルールを守る必要もなくなります。

罰則がないのであれば尚更ルールを守ろうという気持ちがなくなります。

 

トラブルが発生したときこそ契約で定めたルールを守って欲しいわけですが、罰則がないためルールが守られることはありません。

 

「ザル契約」にならないためにもルールが守られなかったときの罰則や補償に関するルールを契約で定めておきましょう。

関連記事

  1. 中国人との国際結婚。最初の婚姻手続きを日本で行う場合

    中国人との国際結婚。婚姻手続きを日本で行う場合

  2. 数量制限に違反して中国でOEM生産された商品が日本に輸入されてしまった

    中国でOEM生産。数量制限に違反して生産された商品が日本に輸入

  3. 同じデザインでも著作権侵害にならない不思議

  4. 秘密の内容を特定していない守秘義務契約は役に立たない

  5. 日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク

    日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク

  6. 中国では意匠も要注意です

  7. 著作権の譲渡契約書で最初に確認するポイント

    著作権の譲渡契約書で最初に確認するポイント

  8. 外国人労働者の今後

    外国人労働者の今後