転売が禁止されている製品を売ったときの罪

取引において転売を禁止する特約(再譲渡禁止特約)を締結することがあります。

では再譲渡禁止特約に反して製品を売った場合はどうなるのでしょう。

 

まず転売禁止という約束を守らなかったので債務不履行による損害賠償責任(民法415条)が生じます。

もし製品に特許権などの知的財産権がある場合は、債務不履行責任に加えて知的財産権侵害の責任を問われる可能性があります。

知的財産権は契約当事者以外の第三者にも効力が及ぶので、転売禁止に反して売られた製品を買った人にも知的財産権の効力が及びます。

 

知的財産製品の取引で契約が守られない場合、債務不履行責任が生じるだけでなく、知的財産権の行使もできることが、知的財産製品の強みです。

時間と費用をかけて知的財産権を取得する意味はこんなところにもあります。

関連記事

  1. 百度文庫 百度文庫にあなたの会社の機密文書が流出しているかもしれない
  2. 秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法
  3. 中国企業とライセンスを締結する際に日本企業が留意すること 中国企業とライセンスを締結する際に日本企業が留意すること
  4. 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません
  5. 知っておきたい通関の流れ
  6. 日本の税関はアメリカで買ったコンバースのスニーカを没収できるのか…
  7. 中国人との国際結婚。最初の婚姻手続きを日本で行う場合 中国人との国際結婚。婚姻手続きを日本で行う場合
  8. その秘密、ノウハウで守りきれますか?
PAGE TOP