商標権者が優先してドメインネームを登録できます

社名、ブランド名、商品名を守ってくれる商標権。

今後、インターネットの世界でも商標権が重要になります。

これまで商標とドメインネームは全く別の手続きで行われていました。

このため商標と同じドメインネームが登録されてしまうことも少なく有りません。

 

商標と同じドメインネームが登録されないようにするには、.comや.jpなど全てのドメインネームに対して社名等を先に登録しておかなければなりません。

最近ではドメインネームが不足しているため、.comや.jpに加え、今後、.tokyoなど新たに700種類の新しいドメインネームが誕生します。

これだけ多くのドメインネームが誕生すると、社名等と同じドメインネームが新たに第三者に登録される可能性がでてきます。

 

そこで既存の商標を保護するために、TMCH(Trademark Clearinghouse)というシステムを利用し、商標権者が優先して新しいドメインネームを登録できるようになりました。

TMCHに登録できる商標は、日本やアメリカなど全ての国又は地域に登録されている文字商標です。

 

TMCHの導入により、商標権者が優先してドメインネームを取得できる制度に変わりました。

 

これまでの起業手続きでは、会社設立やウェブサイトの立ち上げが先行して、商標登録は後回しになっている場合が殆どですが、これからはまず商標出願です。

関連記事

  1. 東南アジアの商標制度 東南アジアの商標制度のまとめ
  2. 外国商標登録を意識した日本商標登録出願 外国商標登録を意識した日本商標登録出願
  3. 中国の百度にインデックスさせる 中国の検索エンジン百度(バイドゥ)にインデックスさせる
  4. 本物そっくりのミニカーが自動車の意匠権の侵害になる欧州と侵害にな…
  5. 特許権や商標権が侵害されたら司法よりも行政を利用するべき理由
  6. 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害
  7. 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない
  8. ランチェスター式出願戦略のすすめ
PAGE TOP