模倣品の悩みは税関で解決しよう

 

模倣品・類似品を阻止しようとする場合、これまでは、訴訟というのが一般的でした。

しかし、裁判所といういのは、手続きが遅く、費用が高いうえに、心理的なハードルが非常に高いものです。

 

最近では海外で製造されたものが日本に輸入されることが非常に多くなりました。

アパレル製品など、その殆が海外から輸入されるということも珍しくありません。

 

海外から自社の商品・製品に似ているものが輸入されている場合、税関で止めてもらうのが最も効果的です。

税関の取り締まりは、圧倒的に商標権や特許権などの知的財産権をもっている人たちに有利にできています。

税関では有名ブランドしか取り締まれないと思っている方もいますが、平成16年より、知的財産侵害に対する取り締まりを積極的に行うための仕組みができています。

知的財産権さえあれば、模倣品や類似品を取り締まってもらうことができるのです。

 

ただし、税関で取り締まってもらうためには、取り締まって欲しいという意思表示が欠かせません。

有名ブランド品の模倣品や類似品なら、税関職員が自主的に判断して取り締まります。

税関職員が有名ブランド以外の全ての知的財産権を把握することはできませんので、積極的に税関に申請をしましょう。

税関に申請することで有名ブランド以外の模倣品や類似品が重点的な取り締まりの対象になります。

関連記事

  1. 商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める

    商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める。

  2. 中国商標改正法の影響。異議不成立のリスク

    中国商標法改正の影響。異議不成立のリスク

  3. 香港はビジネス拠点として大丈夫なのか

    香港はビジネス拠点として大丈夫なのか

  4. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち?

    デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっ…

  5. 肖像権

    肖像権は有名人にしか認められないの?

  6. 中国専門家のアドバイス

    中国専門家のアドバイスを受けよう

  7. 数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

  8. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ

    「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ