中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合

中国で商標やデザインを登録していない場合、第三者に商標やデザインが摸倣された場合に救済されるのでしょうか。

日本では不正競争防止法により第三者の摸倣行為が不正競争行為として禁止されています。

中国にも反不正当競争法という法律があります。

反不正当競走法に規定する不正当競争と認められるためには、以下の1から4の証明が必要です。

 

1.中国国内で商品が知名であること。

2.商品の名称、包装、装飾が特有であること。

3.商品が類似していること。

4.消費者が誤認していること。

 

実務上では1の知名性、2の特有性などの判断が曖昧なため、第三者の摸倣行為を反不正当競争法で禁止することは難しいというのが現状です。

関連記事

  1. 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

    冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

  2. 輸入通関できたから正規品であるとは限らない

    輸入通関できたから正規品であるとは限らない

  3. 中国へ化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく

    中国に化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく

  4. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

    知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

  5. 知的財産権は中国進出する企業の生命保険

    知的財産は中国進出する企業の生命保険です

  6. 開放された特許は本当に自由に使えるのか

    開放された特許は本当に自由に使えるのか

  7. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する

  8. 商標の偽造と模倣の違い

    商標の偽造と模倣の違い