中国知財法務

中国から利益を回収する知的財産の活用方法

中国から利益を回収する方法に商標などの知的財産を活用する方法があります。

中国で知的財産権を登録するときに権利の名義を中国国外の事業会社Aにします。

事業会社Aは中国国内の事業会社Bに知的財産権をライセンスします。

 

事業会社Bは事業会社Aからライセンスされた知的財産の使用料を中国国外の事業会社Aに支払います。

中国から国外へ支払うライセンス料については、契約自由の原則に基いて当事者が自由に決めることができます。

 

 

中国に限らずタイ、ベトナム、インドネシアなどの知的財産権を第三国で統括して管理することもできます。

 

 

例えば、シンガポールに知的財産権の管理会社を設置し、アセアン若しくはアジア地域の知的財産権を統括して管理するスキームです。

知的財産権の統括管理については次回、改めて紹介します。

関連記事

  1. 見ているだけでも楽しい中国商標調査

  2. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護

    「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で…

  3. 模倣品業者が気にする中国税関登録物品

    模倣品業者が気にする中国税関登録物品

  4. 事務所名と事業主名を同じにするメリット

    事務所名と事業主名を同じにするメリット

  5. 中国商標改正法の影響。異議不成立のリスク

    中国商標法改正の影響。異議不成立のリスク

  6. Eメールが届いていない! 中国企業との取引に注意

    Eメールが届いていない!中国企業との取引に注意

  7. 中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法

    中国企業と取引するときに必要な企業情報・信用情報を調べる方法

  8. 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要

    中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要