ブログ

漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要

漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要

東南アジアのハブ国家であるシンガポールで商標を登録する企業が増えています。

シンガポールで登録する商標の文字にアルファベットを使うことが多いのですが、今後は香港と同じようにアルファベットの他に漢字の商標を登録しておいた方が安全です。

シンガポールは英語を公用語としますが、英語の他にも中国語を公用語とする漢字圏の国です。

実際、シンガポール人の約75%を華人が占めています。

また模倣品対策をするうえでもシンガポールに漢字の商標を登録するメリットがあります。

シンガポールは模倣品の製造国ではありませんが、中国で製造された模倣品がシンガポールを経由して輸出されています。

シンガポールで漢字の商標が登録されていれば、中国からシンガポールを経由して輸出される模倣品をシンガポールの税関で阻止することが期待できます。

関連記事

  1. 中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合…
  2. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権
  3. 真の著作権者は誰にも分からない 真の著作権者は誰にも分からない
  4. 謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができる 謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができ…
  5. 商標のプレスリリースは時期に注意 商標のプレスリリースは時期に注意
  6. 商標権侵害の警告は突然やってくる 商標権侵害の警告は突然やってくる
  7. 創業商標出願支援 創業を思い立ったら知財対策を始める
  8. 模倣品の悩みは税関で解決しよう
PAGE TOP