ブログ

漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要

漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要

東南アジアのハブ国家であるシンガポールで商標を登録する企業が増えています。

シンガポールで登録する商標の文字にアルファベットを使うことが多いのですが、今後は香港と同じようにアルファベットの他に漢字の商標を登録しておいた方が安全です。

シンガポールは英語を公用語としますが、英語の他にも中国語を公用語とする漢字圏の国です。

実際、シンガポール人の約75%を華人が占めています。

また模倣品対策をするうえでもシンガポールに漢字の商標を登録するメリットがあります。

シンガポールは模倣品の製造国ではありませんが、中国で製造された模倣品がシンガポールを経由して輸出されています。

シンガポールで漢字の商標が登録されていれば、中国からシンガポールを経由して輸出される模倣品をシンガポールの税関で阻止することが期待できます。

関連記事

  1. インドネシアでも立体商標 インドネシアでも立体商標
  2. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは
  3. 似ているの判断が難しい知的財産権の世界 「似ている」の判断が難しい知的財産権の世界
  4. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
  5. 中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合…
  6. ニセモノと知らないで仕入れた商品を売ったらどうなるの?
  7. 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権
  8. 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP