ブログ

無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

著作権法が禁止する行為は権利者に無断でコンテンツを複製等する行為です。

権利者に無断でコンテンツを視聴することを現行の著作権法は禁止していません。

著作権のことをコピーライトという理由はまさにここにあります。

 

しかし良く考えてみるとコンテンツを複製する理由はコンテンツを視聴するためです。

コンテンツを複製してもコンテンツを視聴できなければ、コンテンツを複製する意味がありません。

 

それにもかかわらず著作権法はコンテンツの無断視聴を禁止せず、コンテンツの無断複製等だけを禁止しています。

だから著作権は理解しにくいのです。

 

著作権法が保護するのは価値のあるコンテンツです。

そのコンテンツを保護するのであれば、本来ならコンテンツの無断視聴を禁止するのが直接的は方法です。

 

しかし誰がコンテンツを視聴したかを把握することはできません。

著作権法が無断視聴を禁止していないのは、禁止したくても人の視聴行為を把握することができないからです。

 

コンテンツを無断で視聴するためには、コンテンツを無断で複製したり、譲渡したり、送信したりすることが行われます。

視聴行為を把握できなくても、複製や譲渡や送信の行為なら把握することはできます。

 

そこで著作権法は無断で視聴する前に行われる無断複製等を禁止することで、間接的にコンテンツの無断視聴を禁止するという方法を採っています。

関連記事

  1. 知財法務顧問サービス 香港特許。まず中国へ出願。
  2. 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない
  3. 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録
  4. 中国で立体商標を登録するメリット 立体商標と意匠。中国で立体商標を登録するメリット
  5. 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入
  6. 中国で模倣品を放置しておくことのリスク 中国で模倣品を放置しておくことのリスク
  7. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  8. 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP