ブログ

特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス

特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス

特許出願をするときに提出する願書には、発明者と出願人を特定しなければなりません。

同じ願書の記載でも発明者と出願人とでは享受できる利益が全く違います。

 

発明者は発明の完成と同時に特許を受ける権利を持つことができます。

その発明者から特許を受ける権利を譲り受けた者が出願人です。

 

特許の世界では、発明を完成させるまでは発明者が主役ですが、特許出願をした後の主役は出願人です。

出願人はのちに特許権者になります。

特許権者は、特許発明を独占排他的に実施したり、ライセンス供与してライセンス収入を得たり、特許権を譲渡して対価を得ることができます。

 

これに対して発明者が享受できる利益と言えば、発明者として特許証に氏名が掲載される程度の名誉しかありません。

発明者といえども特許権者に無断で特許発明を実施すれば特許権の侵害に当たります。

 

発明者が特許を受ける権利を譲り渡すとき、このときが発明者が利益を享受できる最初で最期のチャンスです。

関連記事

  1. 肖像権 肖像権は有名人にしか認められないの?
  2. FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収 FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収
  3. 登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由 登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由
  4. なぜ中国は個人で商標を出願するのか なぜ中国は個人で商標を出願するのか
  5. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法
  6. 「Superdry極度乾燥(しなさい)」に学ぶ中国商標 「Superdry極度乾燥(しなさい)」に学ぶ中国商標
  7. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します
  8. 会社名や商品サービス名を考える前にやっておきたい大切なこと

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP