ブログ

特許調査は必要で著作権調査が不要な理由

特許調査は必要で著作権調査が不要な理由

新規に事業を展開するときに必要な特許権や商標権などの知的財産権の調査。

同じ知的財産権でも著作権の調査が必要という話しを聞くことはありません。

これには理由があります。

 

特許権や商標権は不動産などと同じ登録公示制度を採用しているので調査が可能です。

これに対して著作権は登録公示制度を採用しておらず、創作と同時に無方式で発生する権利なので調査することは物理的に不可能です。

 

調査が不可能なら調査が可能なように著作権も特許権と同じように登録公示制を採用すれば良いのですが、著作権は登録公示制度を採用しません。

なぜなら特許権や商標権と著作権とでは権利侵害の仕組みが異なるからです。

 

特許権や商標権は他人の特許権や商標権の存在を知らずに、特許発明や登録商標を使っているに過ぎない場合でも特許権や商標権の侵害に該当します。

独自に発明を創作し、独自に標章を創作して使っているに過ぎなくても、その発明に他人の特許権が存在し、その標章に他人の商標権が存在すれば、特許権や商標権に侵害に該当します。

特許権や商標権の調査が必要な理由は、他人の特許権や商標権の存在を「知らなかった」では済まないからです。

 

これに対して著作権は、独自に著作物を創作して使っている限り、仮にその著作物に他人の著作権が存在しても著作権の侵害に該当しません。

 

著作権の侵害に該当するためには、他人の著作物に接触し、それを模倣した場合に限られます。

独自に創作した著作物を使う限り、他人の著作権に影響を受けることはないので、他人の著作権を調査する必要はありません。

 

他人の著作権の存在を「知らない」のは、独自に著作物を創作していれば当然のことです。

もし他人の著作権の存在を知っていて、その著作物を使っていれば、独自に創作した著作物ではなく、他人の著作物を模倣した著作物ということになってしまいます。

 

他人の著作権の調査が必要になるのは、独自に創作した著作物を使うのではなく、他人が創作した著作物を使うときに許諾を得るためです。

関連記事

  1. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  2. 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由
  3. 中国保税区で製造したOEM製品を輸出する行為は商標権侵害にならな…
  4. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法
  5. 著作権登録のすすめ 著作権登録のすすめ
  6. 正規工場からの横流し品を防ぐ
  7. 中国の商号と商標の関係
  8. ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP