ブログ

登録される前に公開されてしまう中国商標に注意

登録される前に公開されてしまう中国商標に注意

中国で出願した商標は工商局で受理されます。

出願が受理されると初歩審査と実体審査が行われます。

初歩審査と実体審査という2つの審査をパスすると出願された商標が「公告」されます。

差止め請求権や損害賠償請求権という商標専用権が発生する起点が「公告」です。

出願から公告までの間に、第三者が出願された商標を無断で使用しても専用権を行使することはできません。

 

商標を公開するというルールがない中国では、出願した商標は公告まで公開されないことになっています。

ところが実際には出願から3ヶ月程度で工商局のデータベースに出願された商標が公開されています。

このデータベースは誰でも簡単に無料でアクセスできます。

 

データベースにアクセスし、公告される前の商標を見た第三者が無断で商標を使用することも考えれます。

ところが公告される前の商標を無断で使用したとしても専用権を行使できません。

 

なお日本では出願してから登録されるまでの間に、出願した商標を無断で使用している第三者に対して金銭の支払いを求めることができる金銭的請求権があります。

関連記事

  1. 似ているの判断が難しい知的財産権の世界 「似ている」の判断が難しい知的財産権の世界
  2. 外国出願 アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。
  3. 「地理的表示」は現代版皇室御用達 「地理的表示」は現代版皇室御用達
  4. 70年前の著作権を相続しているかもしれない
  5. 「ジェネリック家具」にさせないための工夫 「ジェネリック家具」にさせないための工夫
  6. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  7. 中国では意匠も要注意です
  8. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP