Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由

登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208
Voiced by Amazon Polly

商標権の効力は登録商標と同一または類似する商標の使用に対して及ぶことはよく知られています。
しかし、商標権の効力が、自らが独占的に使用できる専用権と、他人の使用を排除できる禁止権の2つで構成されていることはあまり知られていません。

専用権は登録商標と同じ商標の使用に対して及び、禁止権は登録商標と類似する商標の使用に対して及びます。

独占的な使用が認められている登録商標と同じ商標を使用している限り、他人の商標権を侵害することはありません。
しかし、独占的な使用が認められていない登録商標と類似する商標を使用すると、他人の商標権の禁止権が及ぶことがあります。

登録商標と同じ商標の使用に対しては独占権を与えて積極的な使用を認めていますが、登録商標と類似する商標の使用に対しては他人の禁止権が及ばない限りにおいて消極的な使用が認められいるに過ぎません。

自分の登録商標と類似する範囲と他人の登録商標と類似する範囲とが重なるということを理解しておく必要があります。

商標審査において先行登録商標と同一または類似する範囲を審査対象にしていますが、混同の有無を基準に判断する商標の類似判断は流動的であり、時と場合によって結果が異なります。
審査段階において商標類似をクリアして登録された商標であっても、実際の使用において類似すると判断されることはよくあることです。

関連記事

  1. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録
  2. 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由
  3. 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」
  4. 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権
  5. ニセモノと知らないで仕入れた商品を売ったらどうなるの?
  6. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪
  7. 中国ライセンス契約 他人の著作物を引用するときの大事なルール
  8. アディダスにみる立体商標戦術 アディダスにみる立体商標戦術
PAGE TOP