ブログ

登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由

登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由
Voiced by Amazon Polly

商標権の効力は登録商標と同一または類似する商標の使用に対して及ぶことはよく知られています。
しかし、商標権の効力が、自らが独占的に使用できる専用権と、他人の使用を排除できる禁止権の2つで構成されていることはあまり知られていません。

専用権は登録商標と同じ商標の使用に対して及び、禁止権は登録商標と類似する商標の使用に対して及びます。

独占的な使用が認められている登録商標と同じ商標を使用している限り、他人の商標権を侵害することはありません。
しかし、独占的な使用が認められていない登録商標と類似する商標を使用すると、他人の商標権の禁止権が及ぶことがあります。

登録商標と同じ商標の使用に対しては独占権を与えて積極的な使用を認めていますが、登録商標と類似する商標の使用に対しては他人の禁止権が及ばない限りにおいて消極的な使用が認められいるに過ぎません。

自分の登録商標と類似する範囲と他人の登録商標と類似する範囲とが重なるということを理解しておく必要があります。

商標審査において先行登録商標と同一または類似する範囲を審査対象にしていますが、混同の有無を基準に判断する商標の類似判断は流動的であり、時と場合によって結果が異なります。
審査段階において商標類似をクリアして登録された商標であっても、実際の使用において類似すると判断されることはよくあることです。

関連記事

  1. 中国商標改正法の影響。異議不成立のリスク 中国商標法改正の影響。異議不成立のリスク
  2. キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」と思える感覚 著作権侵害になるキャラクター生地の利用 ハンドメイド加工・販売す…
  3. 似ている商標を使っても犯罪にならない中国 似ている商標を使っても犯罪にならない中国
  4. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します
  5. 外国出願 東南アジアの商標制度のまとめ
  6. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは
  7. その秘密、ノウハウで守りきれますか?
  8. 中国へ化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく 中国に化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく
PAGE TOP