ブログ

真の著作権者は誰にも分からない

真の著作権者は誰にも分からない

著作権は商標権や特許権のように権利者が公示されていません。

自称著作権者と主張する人が、真の著作権者かどうかは実は誰にも分かりません。

 

著作権を他人に譲渡したのに自分が著作権者であると主張している場合があります。

他人が創作した著作物であるにも関わらず、その著作物の創作者または譲受人の所在が不明な孤児著作物であるため、自分が著作権者であると主張してもバレない場合があります。

他人の著作物を真似て創作して著作権者を主張する場合があります。

 

これらは著作権者の詐称です。

 

そしてもう1つ。

 

創作したと思っていたモノが、実は過去の記憶を再現したモノに過ぎなかったという場合です。

 

全く新しいパイオニア的発明が生まれないように、全く新しい創作物は生れません。

 

著作権をコピーライトと言うように、創作物は多かれ少なかれ必ず何かに依拠しています。

依拠の度合いが100%であれば模倣です。

依拠の度合いが少なければ二次的創作です。

 

過去に見たモノに依拠しているにも関わらず、本人がそのことを意識しなければ、他人の創作物に無意識に依拠して創作した人が著作権者ということになってしまいます。

 

東京五輪のロゴマークのときのように、著作権者であることの主張に対して真の著作権者の反論があれば、著作権者の真偽が明らかになります。

しかし真の著作権者からの反論がなければ、著作権を主張する自称著作権者が著作権者になります。

しかし真の著作権者を主張する人も実は真の著作権者ではないのかもしれません。

 

真の著作権者は実は誰にも分からないのです。

関連記事

  1. 簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方
  2. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
  3. 優れた創作は模倣から
  4. 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟
  5. 技術情報 中国で技術情報を安全確実に守る方法
  6. シンガポールがアジア地域の知的財産ハブ拠点になる日
  7. マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法 マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法
  8. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル 著作権が助けてくれた中国商標トラブル

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP