「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟

韓国の雑貨店「ダサソー」と100円ショップの「ダイソー」の商標権侵害訴訟。

一審ではダイソー側の主張は認められず敗訴しましたが、高裁ではダイソー側の主張が認められました。

 

商標権の侵害訴訟では、「ダサソー」と「ダイソー」に接した消費者が2つの商標を混同するかどうかを判断します。

 

つまり、「ダイソー」という雑貨店で買い物をするつもりの消費者が、「ダサソー」という店舗の看板をみたときに、「ダイソー」と間違えて、「ダサソー」という雑貨店で買い物をする可能性を判断します。

 

この場合、「ダイソー」の周知性が高いほど、消費者が「ダイソー」と「ダサソー」を混同する可能性は低くなります。

参考 「商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

日本では「ダイソー」の周知性はかなり高いので、「ダイソー」と「ダサソー」を混同する可能性は低くなります。

 

韓国において、「ダイソー」がどの程度、周知されているかは分かりませんが、日本ほど周知性が高くなければ、「ダイソー」と「ダサソー」を混同する可能性は高くなります。

 

今回の侵害訴訟で、韓国では「ダイソー」と「ダサソー」の周知性が高くなったので、今後は2つの商標が混同すると判断される可能性は低くなるでしょう。

 

追記

2015年10月15日、ダイソーの勝訴が確定しました。

 

関連記事

  1. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち? デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるの…
  2. 商標権侵害の警告は突然やってくる 商標権侵害の警告は突然やってくる
  3. 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権
  4. マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法 マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法
  5. 同じデザインでも著作権侵害にならない不思議
  6. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由
  7. キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」と思える感覚 キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」…
  8. 特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス 特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャン…
PAGE TOP