「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護

「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護

物品の外観を保護する意匠権で保護された製品デザインのほとんどが衣服・機器・機械などの工業製品で占められていますが、なかには寿司、ケーキ、たこ焼きなどの食品も含まれています。

「用途・機能が同じならデザインが良い方が選ばれる」と言うように、用途や機能での差別化が難しいモノはデザインの良し悪しが需要を左右します。

食品の世界も「美味しい」ことはもちろん、見た目の良さも大切な要素なのですが、意匠権を取得している食品はごくわずかです。

食品の意匠権取得は難しいという固定観念や、食品自体ではなく食品のパッケージの意匠権を取得するという食品業界の慣習などが食品の意匠権が少ない理由として考えられます。

しかし、「美味しさ」を模倣することは難しくても「見た目」のデザインを模倣することが簡単な食品にあって食品自体のデザインを意匠権で保護することは、価格競争に巻き込まれるリスクを排除し、継続的な独占実施による食品のブランド形成にも寄与するなど、メリットは少なくありません。

 

 

 

 

 

 

意匠登録1396390

意匠登録1397599

意匠登録1471522

関連記事

  1. 特許の取得は目的なのか手段なのか

  2. 「Superdry極度乾燥(しなさい)」に学ぶ中国商標

    「Superdry極度乾燥(しなさい)」に学ぶ中国商標

  3. 中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合

  4. 「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権

  5. 中国から日本へ個人輸入するときに気をつけたい著作権法上のポイント

    中国から日本へ個人輸入するときに気をつけたい著作権法上のポイント

  6. 知的財産の水際取締り

  7. 70年前の著作権を相続しているかもしれない

  8. 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由

    商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由