「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権

例えば「電車の音」が著作権で保護されない理由は、それが「創作」されていないからです。

著作権の保護対象である「著作物」であるためには、創作性が必要であり、線路にレコーダを放置して単に録音を続けたような音は、創作的につくられたものではないので著作権がありません。

ところがこのような創作性がない音を録ったような人に対して与えられる著作権法上の権利があることは意外と知られていません。

創作した人に与えられる著作権に対して、録音などの「行為」をした人に対して与えられる権利、それが著作隣接権です。

著作隣接権も著作権と同様に無断でコピーされない権利を持っているので、先ほどの「電車の音」を録った音を無断でコピー・販売すれば、著作隣接権者から訴えられる可能性がでてきます。

歌の録音物を無断でコピー・販売すれば著作権の侵害というのは理解できても、電車の音の録音物を無断でコピー・販売しても侵害というのはなかなか理解し難いのではないでしょうか。

関連記事

  1. その秘密、ノウハウで守りきれますか?

  2. 外国出願

    外国商標登録を意識した日本商標登録出願

  3. 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

    登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

  4. 数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

  5. 著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

    著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

  6. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち?

    デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっ…

  7. 著作権契約と権原保証

  8. 中国と日本の商標登録出願を比較

    中国と日本の商標登録出願を比較