アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。

発明を保護する特許と並んで実用新案という制度があります。

日本ではタワシなどの小発明を保護する制度として利用されてきました。

この実用新案、実はとても人気があります。

実用新案は必ず登録されるから、というのがその理由です。

Medium 4428903338

photo credit: Jeff McNeill via photopin cc

 

日本の実用新案制度、現在では無審査で登録される制度になりました。

無審査登録制度では形式的な要件だけを審査して特許審査で行われているような実体審査を行いません。

特許のハードルが高いのは実体審査があるからです。

実体審査で要求される、単に新しいというだけではなく、簡単に創り出せないもの、という要件。

この要件をクリアすることが非常に大変なのです。

 

そんな便利な実用新案制度はアジアにも存在します。

ただし無審査で登録される実用新案制度を用意している国は限られています。

アジアで無審査主義を採用している国は、カンボジア、フィリピン、台湾、中国です。

 

つまり日本、中国、台湾、フィリピン、カンボジアに実用新案を出願すれば形式要件だけの方式審査を通過すれば必ず登録されるということになります。

 

なお無審査で登録される実用新案制度を採用している国では不正出願も少なくありません。

特に中国では他人が創作したものを勝手に出願してしまう冒認出願の問題があります。

関連記事

  1. 百度文庫 百度文庫にあなたの会社の機密文書が流出しているかもしれない
  2. タイムスタンプ 中国で製造していた金型。突然、意匠権侵害!タイムスタンプの活用。…
  3. なぜ著作権の保護期間は延長されるのか なぜ著作権の保護期間は延長されるのか
  4. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  5. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  6. キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」と思える感覚 キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」…
  7. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  8. 取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法 取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法
PAGE TOP