インドネシアでも立体商標

インドネシアで2015年の施行を目指して商標法の改正作業が進められています。

改正商標法では、登録できる商標に、立体商標、音の商標、ホログラム商標が含まれます。

出典: www.managingip.com/IssueArticle/3347586/Archive/Indonesia-Trade-Mark-Law-to-be-revised.html

 

文字商標や図形商標を登録しただけでは、摸倣の抑止力として十分とは言えません。

立体商標として登録することができれば、十分な抑止力が期待できます。

 

形状に特徴がある商品の場合は、意匠として登録する他に、今後は商標としても登録していくという流れになります。

 

2014年5月現在、インドネシアはマドリッドプロトコルに加盟していないので、直接、インドネシアへ出願する必要があります。

 

東南アジアは英語書面で出願できるところが多いのですが、インドネシアでは英語書面の出願は認められていません。

出願から登録までの期間は、他の東南アジアよりも長く、18から24ヶ月です。

一出願で多区分の指定が認められています。

委任状の認証は不要で、出願人が署名した委任状で足ります。

関連記事

  1. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  2. 著作権契約と権原保証
  3. 著作権が役にたたないとき 著作権が役に立たないとき
  4. 開放された特許は本当に自由に使えるのか 開放された特許は本当に自由に使えるのか
  5. 知的財産の水際取締り
  6. 認証制度を利用して他社の商品やサービスと差別化しよう 認証制度を利用して他社の商品やサービスと差別化しよう
  7. 立体商標と意匠の使い分け 立体商標と意匠の使い分け
  8. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ
PAGE TOP