マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法

マドプロを利用して商標を国際登録したあとは、存続期間が満了する前に更新手続きを繰り返して商標権を維持することができます。

更新手続きは期限前に行うのが原則ですが、期限を過ぎた後でも、満了日から6ヶ月以内であれば、割増手数料を支払うことで更新手続きを行うことができます。

満了日から6ヶ月を経過した後は更新手続きを行うことはできず、更新手続きをしなかった国の商標権は消滅します。

商標権が消滅した後に商標権を復活させたい場合は、その国に直接商標登録出願を行う、又は事後指定によって追加する方法があります。

事後指定の回数に制限はなく、すでに事後指定で追加した国の商標権の存続期間が満了し、満了日から6ヶ月を経過して更新手続きを行うことができない場合でも、再度、事後指定によって追加することで復活させることが可能です。

 

事後指定をした場合でも商標権の存続期間は国際登録日から10年で満了します。

国際登録日から10年が経過しようとしているときは、更新手続きをしたあとに事後指定した方が良いでしょう。

関連記事

  1. 中国と日本の商標登録出願を比較 中国と日本の商標登録出願を比較
  2. その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか? その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?
  3. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは
  4. 料理写真を投稿すると著作権の侵害 料理写真を投稿すると著作権の侵害?
  5. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上
  6. 漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要 漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要
  7. 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要
  8. ブランドイメージを守る3つのポイント ブランドイメージを守る3つのポイント
PAGE TOP