ヨーロッパで買ったブランド品が中国製の模倣品という事実

国内に模倣品が蔓延する中国では、海外から直接商品を購入する個人輸入者が増えています。

参考 中国人が日本直送品を好む理由

ところがこのような個人輸入者の心理を利用して、中国で製造した模倣品を海外へ輸出して、再び中国国内に還流させるビジネスが生まれています。

 

中国で製造された模倣品の輸出経路をみるとヨーロッパが多いことがわかります。

 

中国模倣品輸出経路

(出典:「2015年模倣被害調査報告書」特許庁)

ヨーロッパへの輸出が多い理由は、ヨーロッパがブランドの集積地であるからに他なりません。

ヨーロッパを訪れる観光客やヨーロッパから直接購入する個人輸入者をターゲットにブランド品と偽って中国製の模倣品を販売するビジネスが跡を絶ちません。

中国の消費者が真正品を求めてヨーロッパから直接購入したブランド品も実は中国製の模倣品である可能性が高いのです。

さて海外でブランド品を購入する消費者は中国人だけではありません。

日本人もまた海外で中国製の「ブランド品」を購入するリスクを避けて通ることはできません。

関連記事

  1. なぜ特許を取らなければならないのか? なぜ特許を取らなければならないのか?
  2. 提携・合併解消を視野に入れた中国知財戦略
  3. 人の顔にも著作権 人の顔にも著作権
  4. 開放された特許は本当に自由に使えるのか 開放された特許は本当に自由に使えるのか
  5. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明
  6. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち? デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるの…
  7. 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権
  8. 米国著作権登録でライセンス収入を得る方法
PAGE TOP