ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由

2020年東京オリンピックのロゴを巡り盗用の疑惑が持ち上がっています。

O LOGOMARKS 570

仮に2つのロゴデザインが似ていると判断された場合でも、著作権の侵害とはならない場合があります。

2つのロゴデザインは似ているけど、それは偶然であって自分でロゴデザインを考えたという場合です。

参考 著作権が役に立たないとき

 

創作の世界では作品が偶然に似てしまうということは決して珍しくはありません。

音楽の世界でも、この音楽、どっかで聞いたことがあるなあと感じる楽曲に出逢うことが少なくありません。

 

創作の可能性は無限にあるとはいえ、人が心地よいと感じる作品を創作しようとすると、ある程度の制限が加わります。

和風テイストにするためにデザインの要素の数を少なくしたり、デザインの要素を左右対象に配列したり、日の丸の象徴である「赤の効果」を利用したり、等比や等差などのルールで順序よく整列したり、黄金比や白銀比を使って要素を配列したり、などです。

 

選考を経てロゴデザインを決めるような場合、多くの選考委員に対して良い印象を与えなければなりません。

多くの人に対して良い印象を与えるためには、奇抜なデザインよりもすでに先人が創作しているような平凡なデザインにならざるを得ません。

 

なお独自創作であれば似ていたとしても侵害にならない著作権がある一方、意匠権は独自創作であっても似ていたら侵害です。

 

 

 

関連記事

  1. 外国商標登録を意識した日本商標登録出願 外国商標登録を意識した日本商標登録出願
  2. 簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方
  3. 壁に落書きするならミッキーよりファービー 壁に落書きするならミッキーよりファービー
  4. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意…
  5. タイ商標法の改正、指定商品数は5つが理想 タイ商標法の改正、指定商品数は5つが理想
  6. 中国で商標登録する理由 中国で商標登録する理由
  7. タイムスタンプ 中国で製造していた金型。突然、意匠権侵害!タイムスタンプの活用。…
  8. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
PAGE TOP