中国で商標登録する理由

商標を登録する目的は商標を独占して使用するためではありません。

商標が使用できなくなるリスクを回避するためです。

 

商標を登録しなくても商標を使用することはできます。

独占的に使用することはできませんが、商標を使用することはできます。

 

しかし商標を第三者が登録したら、商標を使用することができなくなるかもしれません。

 

 

中国ビジネスを考える場合、商標を登録しないことのリスクを常に考えておく必要があります。

 

相手に商標を登録されてしまうリスク。

相手から商標の使用中止を求められるリスク。

相手から損害賠償を請求されるリスク。

中国工場の操業を停止させられるリスク。

中国税関で通関が停止されるリスク。

模倣品の拡散を阻止できないリスク。

 

これらのリスクは中国で商標を登録しておけば対応できるものばかりです。

関連記事

  1. 日本の税関はアメリカで買ったコンバースのスニーカを没収できるのか…
  2. 漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要 漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要
  3. 著作権登録制度の不利益を被らないために 著作権登録制度の不利益を被らないために
  4. 知っておきたい通関の流れ
  5. 音の商標 中国で音の商標登録ができます
  6. 立体商標と意匠の使い分け 立体商標と意匠の使い分け
  7. 外国商標登録を意識した日本商標登録出願 外国商標登録を意識した日本商標登録出願
  8. 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ
PAGE TOP