中国で商標登録する理由

中国で商標登録する理由

商標を登録する目的は商標を独占して使用するためではありません。

商標が使用できなくなるリスクを回避するためです。

 

商標を登録しなくても商標を使用することはできます。

独占的に使用することはできませんが、商標を使用することはできます。

 

しかし商標を第三者が登録したら、商標を使用することができなくなるかもしれません。

 

 

中国ビジネスを考える場合、商標を登録しないことのリスクを常に考えておく必要があります。

 

相手に商標を登録されてしまうリスク。

相手から商標の使用中止を求められるリスク。

相手から損害賠償を請求されるリスク。

中国工場の操業を停止させられるリスク。

中国税関で通関が停止されるリスク。

模倣品の拡散を阻止できないリスク。

 

これらのリスクは中国で商標を登録しておけば対応できるものばかりです。

関連記事

  1. 五輪ロゴ、専門家の「似ている」判断が世間と違う理由

    五輪ロゴ、専門家の「似ている」判断が世間と違う理由

  2. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任

    従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪

  3. 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要

    訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要

  4. 日本の税関はアメリカで買ったコンバースのスニーカを没収できるのか

  5. 特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国

    特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国

  6. 著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

    著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

  7. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します

  8. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

    中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録