中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる

中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる

長い時間と多くの費用をかけて、ようやく特許権が与えられた発明ですが、この権利は、いつ潰れるかもしれない、という地雷を抱えています。

特許庁に出願された発明は、先行技術にもとづいて、特許庁の審査官が入念に審査を行います。

審査官が先行技術として調査する資料は、ほとんどが特許庁のデータベースに蓄積されている特許文献です。

 

ところが先行技術として調査しなければならない資料は、特許文献だけではありません。

特許文献の他にも、マニュアルやパンフレットがあります。

マニュアルやパンフレットは、特許文献に比べて検索し難いため、どうしても調査に漏れがでてきます。

 

調査し難いマニュアルやパンフレットの他に、最近では中国語の文献が、これに加わりました。

今や中国で出願される特許や実用新案の件数は、日本やアメリカを抜いて世界一です。

英語やドイツ語の文献にアクセスできる審査官はいても、中国語の文献にアクセスできる審査官はほとんどいません。

 

中国語の文献こそが、いま日本の特許庁審査官を悩ましている資料なのです。

中国語の文献は、今後も増え続けていくので、調査の漏れは、ますます多くなります。

中国の特許出願や実用新案出願が増えれば増えるほど、日本の特許が潰れやすくなります。

関連記事

  1. 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

    登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

  2. 商標の偽造と模倣の違い

    商標の偽造と模倣の違い

  3. 同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる

  4. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権

  5. 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要

    中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要

  6. FTAで重要になるコーポレートブランドの海外商標登録

    FTAで重要になるコーポレートブランドの海外商標登録

  7. タイ商標法の改正、指定商品数は5つが理想

    タイ商標法の改正、指定商品数は5つが理想

  8. 商標が有名になると類似範囲は狭くなる不思議

    商標が有名になると類似範囲が狭くなる不思議