中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

日本の地域ブランドが中国で不正使用される事件が増えています。

中国での不正使用から日本の地域ブランドを守る方法の1つは中国工商局で商標登録することです。

商標登録を利用して地域ブランドを保護する方法は最も確実でかつ簡単な方法です。

しかし地域ブランドを登録する方法は1つではありません。

中国には工商局による地域ブランドの保護の他にも、国家品質検査総局による地域ブランド保護と農業部による地域ブランド保護があります。

現在のところ農業部は中国以外の地域ブランド製品を保護する規定を設けていませんが、国家品質検査総局と工商局は中国以外の地域ブランド製品の保護を除外していません。

 

国家品質検査総局による地域ブランド保護制度ですが、2015年6月1日から施工される日本の地理的表示保護制度に似ています。

日本の地理的表示保護制度により地域ブランドを登録しておけば、今後、中国の国家品質検査総局でも日本の地域ブランドが登録される可能性が高くなることが予想できます。

関連記事

  1. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  2. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法
  3. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち? デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるの…
  4. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。
  5. 中国で商標登録する理由 中国で商標登録する理由
  6. 国境のないクラウドサービスを知的財産で守る 国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る
  7. 中国保税区で製造したOEM製品を輸出する行為は商標権侵害にならな…
  8. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
PAGE TOP