中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

日本の地域ブランドが中国で不正使用される事件が増えています。

中国での不正使用から日本の地域ブランドを守る方法の1つは中国工商局で商標登録することです。

商標登録を利用して地域ブランドを保護する方法は最も確実でかつ簡単な方法です。

しかし地域ブランドを登録する方法は1つではありません。

中国には工商局による地域ブランドの保護の他にも、国家品質検査総局による地域ブランド保護と農業部による地域ブランド保護があります。

現在のところ農業部は中国以外の地域ブランド製品を保護する規定を設けていませんが、国家品質検査総局と工商局は中国以外の地域ブランド製品の保護を除外していません。

 

国家品質検査総局による地域ブランド保護制度ですが、2015年6月1日から施工される日本の地理的表示保護制度に似ています。

日本の地理的表示保護制度により地域ブランドを登録しておけば、今後、中国の国家品質検査総局でも日本の地域ブランドが登録される可能性が高くなることが予想できます。

関連記事

  1. 中国の商号と商標の関係
  2. ドメインネーム 商標権者が優先してドメインネームを登録できます
  3. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明
  4. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪
  5. 香港特許。まず中国へ出願。 香港特許。まず中国へ出願。
  6. 著作権契約と権原保証
  7. 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要
  8. 同じデザインでも著作権侵害にならない不思議
PAGE TOP