中国商標にマドプロを使わない3つの理由

外国で商標を登録するときに利用されるマドプロ。

マドプロを経由して中国で商標を登録することもできますが、マドプロを経由することのデメリットを3つ紹介します。

 

1.商標登録証が発行されない

2.指定商品が意図した商品と違う

3.中国で商標代理人がいない

 

1.マドプロを経由して商標登録されると商標登録証が発行されません。

商標登録証がなくても商標登録されていれば実務上の問題は発生しない、というのは日本の感覚です。

 

中国では商標権にもとづいてアクションを起こそうとする場合は必ず商標登録証の写しが必要になります(登録番号だけでは不十分です)。

商標権に基づいて他社へ警告状を送付するような権利行使はもちろん、通関のときに税関職員に正規品であることを説明するときも商標登録証が必要です。

タオバオ等のネットショップで販売するときも正規品であることを証明するために商標登録証が必要です。

中国企業と取引契約を締結するときも商標登録証の写しが要求されます。

 

マドプロを経由せずに中国へ直接出願すれば商標登録証は自動的に発行されますが、マドプロ経由の場合は「马德里国际商标出具商标注册证明申请书」により商標登録症の発行を申請しなければなりません。

商標登録までは中国の商標代理人を経由せずに手続きをすすめることができても、商標登録証を発行する手続きで中国の商法代理人が必要になります。

そして登録症の発行には時間と政府費用と代理人費用がかかります。

 

2.指定商品や指定役務が日本で登録されている内容と違う

日本と中国では指定商品や指定役務の内容が一致していません。

マドプロを経由せずに中国に直接出願するときは、中国の指定商品・指定役務リストに記載されている商品名・役務名を記載します。

 

マドプロを経由して中国に出願すると、中国の指定商品・指定役務リストに記載されていない商品名・役務名で登録されることがあります。

商品・役務リストに記載されていない商品名・役務名で登録された商標権は、特に権利行使のときに問題がおこります。

警告状を送付するなどして権利行使をするときは、相手が製造販売している商品が商標登録証に記載された商品・役務であることを主張します。

 

商標登録証に記載されている商品・役務が中国の商品・役務リストに記載された商品名・役務名と一致していないと、権利行使は難しい場合があります。

商標権侵害事件を扱う工商局は裁判所と違い商品・役務の内容を商標登録証の記載に基づいて形式的に判断するからです。

 

3.必要なときに商標代理人がみつからない

マドプロ経由で中国へ出願するときは中国の商標代理人を選任する必要がありません。

審査で問題がなければ中国の商標代理人が必要になることはありません。

中国の商標代理人を経由せずに商標登録できます。

 

しかし審査の段階で手続きが必要になったとき、商標登録証の発行を申請するときなど、商標代理人が必要になったとき、商標代理人が引き受けてくれるとは限りません。

中国の商標出願件数は世界一です。

優秀な商標代理人は人気があり、国内はもとより海外からも争奪合戦があります。

 

優秀な商標代理人が足りない状況では、かりに引き受けてくれたとしてもマドプロを経由せずに中国の商標代理人を経由して出願したときの料金と同じということはありません。

必要なとき商標代理人がみつからないという状態は、特に期限が迫っているときには注意です。

中途で受任してくれる商標代理を早急に見つけなければならないという切羽詰まった状況は、料金交渉を含めて出願人・権利者にとって不利益を及ぼします。

 

外国に商標登録するときに便利なマドプロですが、中国だけはマドプロを使わないという方法もあります。

関連記事

  1. 簡単にできる中国商標の調査
  2. 簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方
  3. 中国から利益を回収する知的財産の活用方法 中国から利益を回収する知的財産の活用方法
  4. 輸入通関できたから正規品であるとは限らない 輸入通関できたから正規品であるとは限らない
  5. 中国と日本の商標登録出願を比較 中国と日本の商標登録出願を比較
  6. シンガポールがアジア地域の知的財産ハブ拠点になる日
  7. インドネシアでも立体商標 インドネシアでも立体商標
  8. 地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る 地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る
PAGE TOP