中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要

中国で商標登録する場合、1つの商標に対して1つの区分だけを指定して複数の出願をする方法と、1つの商標に対して複数の区分を指定して1つに纏めて出願する方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

参考 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット

複数の区分を纏めるデメリットを紹介しましたが、名義変更手続きのときには手続きが複雑になります。

1つの商標に対して1つの区分だけを指定して複数の出願をした場合、1つの商標に対して区分ごとに複数の権利がばらばらに登録されます。

複数の商標権の名義や住所・居所を変更する場合、複数の商標権に対して一括して変更手続きを行わなければなりません(商標実施条例第30条)。

一括変更しない場合は、変更申請は放棄されたものとして扱われてしまいます。

変更手続き自体は簡単なのですが、同じような手続きなら一回で済ませた方が費用も抑えることができ、ミスの発生も防ぐことができます。

関連記事

  1. 論文発表よりも先に特許出願 世界特許を目指すなら論文発表よりも先に特許出願
  2. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由
  3. インターネット通販で日本の商品を中国で販売するときの商標トラブル インターネット通販で日本の商品を中国で販売するときの商標トラブル…
  4. 著作権登録が中国で増えている理由 著作権登録が中国で増えている理由
  5. 著作権登録のすすめ 著作権登録のすすめ
  6. ウソの発明で特許を取得したら懲役です。 ウソの発明で特許を取得したら懲役です。
  7. 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない
  8. 「地理的表示」は現代版皇室御用達 「地理的表示」は現代版皇室御用達
PAGE TOP