公開されるのが嫌なら秘密にできる意匠登録出願を利用しよう

発明を独占する代わりに発明の内容を公開するのは許せるが、発明が特許にならないのに内容が公開されるのは不公平という意見が少なくありません。

このため最近では特許出願はせずにノウハウとして秘密にしておくことを選ぶ人もいます。

公開を嫌う場合でも、絶対に公開されたくないと考える場合と、特許になるなら公開しても良いと考える場合があります。

もし後者の考えなら、ぜひ意匠登録出願を検討してください。

 

技術に特徴があるから特許を出願するという方法ではなく、技術の特徴が外観に現れているから、その外観を意匠登録出願するという方法です。

同じ対象でも特許で保護するか意匠で保護するかによって、公開というデメリットを必要最小限に抑えることができます。

 

特許出願すれば特許にならなくても内容が公開されますが、意匠登録出願すれば意匠登録されない限り公開されることはありません。

しかも意匠登録出願を選べば公開の時期を遅らせる秘密意匠制度を利用することもできます。

秘密意匠制度を利用すれば公開の時期を最大で3年間も遅らせることができます。

関連記事

  1. 地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る

    地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る

  2. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

    知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

  3. マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法

    マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法

  4. 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録

    国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録

  5. 論文発表よりも先に特許出願

    世界特許を目指すなら論文発表よりも先に特許出願

  6. 立体商標と意匠の使い分け

    立体商標と意匠の使い分け

  7. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明

    特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明

  8. 著作権侵害は誰にとって悪なのか