冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

中国で商標を出願しておくことは冒認出願対策の基本ですが冒認出願対策は商標登録だけではありません。
登録商標は無効または取消により権利が消滅するという致命的なリスクがあります。
冒認出願対策として出願された商標の多くが、登録後、中国において実際に使用されることはなく、ただ形式的に権利が存在しているに過ぎません。
実際に使用されていない商標に対して独占権を付与することは中国商標法が意図するところではありません。
そのため、商標登録がされた後、3年間、継続的に使用されていない商標の取消を許容しています。

商標出願以外の冒認出願対策として効果的なのは、中国版権局に著作物を登録しておくことです。
著作権そのものは登録が効力の発生の要件でありません。
しかし、著作権の存在を理由に冒認出願された登録商標の権利を消滅させる手続きにおいて、冒認出願前に著作権が存在していることを証明する「証拠」を用意することは簡単ではありません。
提出した資料が「証拠」として採用されるためのハードルが高いため、実際には冒認出願前に著作権が発生しているにもかかわらず、それを証明する資料が中国政府が許可する「証拠」として採用されないというケースが多いからです。
中国政府が許可する「証拠」を用意する最も簡単な方法は、中国版権局が発行する著作権登録証です。

日本の文化庁に登録した著作物や米国著作権局に登録した著作物でも、ベルヌ条約に加盟する中国において「証拠」として機能させることは可能です。

しかし、外国政府発行を理由に領事認証や公証が要求されることを考慮すると、中国版権局に著作権登録しておくことが理想です。

なお商標登録される客体に創作性は必要なく、したがって単なるアルファベットの羅列でも商標登録されます。
しかし、著作権が発生するためには創作性を必要とし、このため単なるアルファベットの羅列では著作権は発生しません。
冒認出願対策として著作物を検討するときは、単なるアルファベットの羅列ではなく創作性を備えた客体を用意しておく必要があります。

関連記事

  1. 壁に落書きするならミッキーよりファービー

    壁に落書きするならミッキーよりファービー

  2. 中国商標にマドプロを使わない3つの理由

    中国商標にマドプロを使わない3つの理由

  3. 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

    無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

  4. 特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国

    特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国

  5. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

    中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

  6. タイムスタンプ

    中国で製造していた金型。突然、意匠権侵害!タイムスタンプの活用。

  7. 中国撤退

    中国から撤退する場合の労働賃金トラブルに注意

  8. 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない

    発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない