取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法

取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法

・仕様書に記載されている文章が言語の著作物として、そして図面が地図・図形の著作物として著作権で保護される可能性は低いと考えておいた方が良いでしょう。

著作権法の保護を受けるための著作物であるためには、思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は 音楽の範囲に属するもの、という要件を満たさなければなりません(著作権法第2条1項1号)。

ポイントは創作的な表現です。

取扱説明書・仕様書のような技術文献は、その性質上、だれが読んでも、まただれが見ても同じように理解されるような方法で表現されます。

技術文献に求めれるのは、いろんな解釈ができる創作的な表現よりも、誤解を招くことがないありふれた表現です。

 

著作権法上の著作物として認められ難い取扱説明書・仕様書等のコピーを複製権の侵害として著作権で守る場合は少し工夫が必要です。

それは取扱説明書・仕様書に、創作的に表現された著作物を加える方法です。

例えば、デザイナーが創作したマークを買い取り、そのマークを取扱説明書・仕様書のヘッダーやフッターに配置します。

デザイナーが創作したマークは美術の著作物として著作権法により保護される著作物です。

取扱説明書・仕様書をコピーすると、美術の著作物であるマークもコピーされます。

この結果、間接的に取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守ることができます。

 

取扱説明書・仕様書に可視的にマークを配置することに抵抗がある場合は、電子透かしの方法により著作物を取扱説明書・仕様書に配置しても良いでしょう。

 

参考 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません

関連記事

  1. 「光」の意匠に注目

    「光」の意匠に注目

  2. 中国

    中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられました…

  3. 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

    1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

  4. 中国で商標登録する理由

    中国で商標登録する理由

  5. FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収

    FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収

  6. 商標のプレスリリースは時期に注意

    商標のプレスリリースは時期に注意

  7. 自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく

    自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく

  8. 外国出願

    東南アジアの商標制度のまとめ