未登録の状態で商標を使い続ける理由の一つに、これまで長い間、商標を使い続けているから、商標権侵害を警告されても先使用権を理由に救済される、というものです。


たしかに先使用権は、第三者の商標登録出願前から使用していること等を条件に認められる救済事由ですが、先使用権の主張は抗弁事由であることに注意が必要です。


抗弁事由とは、上記の場合で言えば、自己の商標の使用が相手の商標権に抵触するが、商標法上認めれている先使用権により第三者の商標権の侵害は成立しない、ことを内容とするものです。

先使用を主張することにより、自己の商標の使用が相手の商標権に抵触することを認めることを意味するので、商標権侵害の警告に対して先使用権を主張する場合は要注意です。

さらに先使用権の存在を主張していたにも関わらず、後日になって、自己の商標の使用が相手の商標権に抵触しないことを主張したりすれば、今度は包袋禁反言の原則に反することも考慮しなければなりません。

商標権に関わらず知的財産権侵害の警告があった場合は、まずは相手が主張する権利侵害を否認する否認事由の有無を検討することが大切です。