商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは

商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは

商標に限らず特許や意匠など審査を経て登録される知的財産は、ほとんどの場合に拒絶理由が通知されます。

この拒絶理由は絶対的のものではありません。

審査官の主観的な意見を述べているに過ぎません。

審査のクオリティを上げるために拒絶理由通知を介して審査官と出願人が「対話」する機会を設けているのです。

 

審査官の主観的な意見に過ぎないとはいえ、拒絶理由通知に対して何も応答しなければ出願は拒絶されます。

 

さて拒絶査定が確定したあとの商標ですが、商標を独占排他的に使用することができないだけで、拒絶されたあとも自由に使用できるから問題はないと考えるのは危険です。

第三者が同じ商標を出願したときのことを考える必要があります。

 

同じ商標を後から出願した第三者は、審査官が通知した拒絶理由に対して意見を主張して応答したとしましょう。

この結果、審査官の考えが変わり、拒絶理由を解消することに成功したとしたらどうでしょう。

 

第三者よりも先に商標を出願したにも関わらず、同じ商標を後から出願した第三者に対して商標権が与えられてしまいます。

第三者が商標権を有している以上、同じ商標を先に出願していても商標を使用することができなくなってしまいます。

 

拒絶理由が通知されたからと言って簡単に諦めてはいけない理由がここにあります。

関連記事

  1. その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

    その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

  2. 中国で模倣されている店舗の外観は商標で守れるのか

  3. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護

    「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で…

  4. 知っておきたい通関の流れ

  5. 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

    冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

  6. 著作権侵害を回避する最も確実な方法

  7. 外国出願

    アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。

  8. 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ

    偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ