国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録

中国の人件費の高騰や元高円安の影響もあって、日本に製造拠点を移す国内回帰の動きが見られます。

中国向けの商品を日本で製造したり、日本を訪問する中国人向けの商品を日本で製造するというビジネスモデルです。

中国で製造・販売するだけであれば商品に使用する中国名の漢字商標も中国で登録するだけで良かったのですが、中国名の漢字商標を使用した商品を日本で製造するようになれば、中国名の漢字商標を日本でも登録しておくことを考えなければなりません。

中国で周知・著名な中国名の漢字商標を第三者が日本で抜け駆け出願するリスクがあるからです。

中国向けに輸出する商品や中国人向けの商品に使用する商標を第三者に登録されてしまうと、日本でその商品の製造ができなくなるのはもちろん、日本の税関で輸出が差止められるリスクも生じます。

税関の差止めは輸入だけではなく輸出に対しても行われるからです。

中国に限らず海外向けの商品を日本で製造するという流れはTPP実現により加速していきます。

関連記事

  1. 特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス 特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャン…
  2. 提携・合併解消を視野に入れた中国知財戦略
  3. 似ているの判断が難しい知的財産権の世界 「似ている」の判断が難しい知的財産権の世界
  4. 「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権
  5. 中国で立体商標を登録するメリット 立体商標と意匠。中国で立体商標を登録するメリット
  6. 知的財産権は中国進出する企業の生命保険 知的財産は中国進出する企業の生命保険です
  7. 正規工場からの横流し品を防ぐ
  8. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ
PAGE TOP