壁に落書きするならミッキーよりファービー

壁に落書きするならミッキーよりファービー

子供がミッキーマウスの絵を壁に落書きしただけでも著作権侵害で訴えられるという都市伝説のような話があります。

ミッキーマウスには著作権があるので、たとえ子供の落書きでも複製権の侵害になります。

 

ではファービー人形の絵を壁に落書きしたらやはり複製権の侵害にあたるのでしょうか。

ファービー人形に著作権があれば壁への落書きは複製権の侵害にあたります。

ところがファービー人形の著作権が否定されるという判決があります。

参考 玩具「ファービー」人形のデザインは美術の著作物に該当しないと判断された事例

 

ミッキーマウスとファービー人形の違いは、ミッキーマウスは原作が漫画であるのに対して、ファービー人形の原作は玩具という点です。

漫画を原作とするミッキーマウスは美術の著作物に該当します。

玩具として作られたファービー人形は工業製品なので著作権法の保護対象ではありません。

 

同じようなキャラクターなのに、ミッキーマウスを壁に落書きすると複製権の侵害になり、ファービー人形を壁に落書きしても複製権の侵害ではないという不思議なことが起こります。

関連記事

  1. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。

    外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。

  2. 著作権侵害を回避する最も確実な方法

  3. 音の商標

    中国で音の商標登録ができます

  4. 中国の実用新案、日本企業が急増

    中国の実用新案、日本企業が急増

  5. 商標権侵害の警告は突然やってくる

    商標権侵害の警告は突然やってくる

  6. 「光」の意匠に注目

    「光」の意匠に注目

  7. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

    中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

  8. 会社名や商品サービス名を考える前にやっておきたい大切なこと