学生が行った発明は大学のもの

学生が行った発明は大学のもの

学生が行った発明は誰のものか。

この答えを考えるときに、まず発明者とはどのような者かを考えてみる必要があります。

発明者とは、「発明の創作行為に現実に加担した者」と解されています。

学生が行った発明と言っても、指導教官の指示に従ってデータをまとめただけ、指導教官の指示に従って実験を行っただけ、という場合は、発明の創作行為に現実に加担した、ということはできません。

 

学生がどの程度、発明の創作活動に現実に加担したかを判断することは簡単ではありません。

しかし、特に教育の一貫として行われる学部生の卒業研究では、指導教官から指導を受ける割合が多くなります。

その一方で、学生が発明の創作活動に現実に加担する割合が少なくなります。

 

学生が発明者でなければ、指導教官が発明者となります。

指導教官が行った発明は、職務発明となります。

職務発明は、大学との雇用契約で定められた職務発明規定に従い、通常は職務発明の特許を受ける権利は大学に承継されることになります。

関連記事

  1. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由

    中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由

  2. 70年前の著作権を相続しているかもしれない

  3. 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分

    中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分

  4. 見ているだけでも楽しい中国商標調査

  5. 中国で立体商標を登録するメリット

    立体商標と意匠。中国で立体商標を登録するメリット

  6. 著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

    著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

  7. 著作権登録制度の不利益を被らないために

    著作権登録制度の不利益を被らないために

  8. 商標の偽造と模倣の違い

    商標の偽造と模倣の違い