従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪

偽ブランド販売で商標権侵害罪に問われる事件が増えています。

商標権を侵害した場合、侵害した個人が罰せられるのは当然ですが、商標法は、商標権を侵害した個人を罰する他に、商標権を侵害した個人が属する組織に対しても罪を及ぼす両罰規定を設けています(商標法第82条)。

この両罰規定は、法人だけではなく個人事業に対しても適用されます。

つまり個人事業の場合は、事業主である個人に対しても罰金刑が及ぶことになります。

 

さらに両罰規定の特徴は、商標権を侵害した個人よりも罰金の額が多いことです。

商標権を侵害した個人よりも、その個人が所属する組織に課する罰金の額を多くした理由は、法人による偽ブランド事件の抑止力を高めるためです。

法人に対する罰金の額が個人と同じでは犯罪の抑止力にならないからです。

 

このような理由で法人に対する罰を重くする法人重課を規定したわけですが、この規定が法人だけではなく、個人事業に対しても及ぶことは意外と知られていないようです。

 

法人成りすると責任が重くなるから個人事業のままでよい、という人を見受けますが、刑事罰の適用については法人も個人事業も違いはありません。

 

なお商標権を侵害した個人に対する罰金の額は、最高で1000万円ですが、法人又は個人事業の事業主に課される罰金の額は、年々引き上げられており、2014年5月現在では最高で3億円が課されることになっています。

関連記事

  1. シンガポールがアジア地域の知的財産ハブ拠点になる日
  2. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  3. 日本の税関はアメリカで買ったコンバースのスニーカを没収できるのか…
  4. 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできません 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできませ…
  5. 「ジェネリック家具」にさせないための工夫 「ジェネリック家具」にさせないための工夫
  6. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  7. 特許調査は必要で著作権調査が不要な理由 特許調査は必要で著作権調査が不要な理由
  8. 似ているの判断が難しい知的財産権の世界 「似ている」の判断が難しい知的財産権の世界
PAGE TOP