数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

チャイナプラスワンとしてインドネシア・タイ・マレーシア・ベトナムへの進出が加速していますが、知的財産の出願件数も増えています。

これらの国では特許出願件数も多いのですが、意匠登録出願の件数も多いということです。

出願件数の30%〜40%が日本人で占められています。

特許を海外へ出願する場合の費用のうち翻訳が占める割合が高いのですが、図面を提出する意匠登録出願は「翻訳」という煩わしさがありません。

複数の国に特許出願すれば、その分だけ翻訳が必要になることを考えると、海外出願は意匠というのが最も費用対効果が高いと言えます。

(グラフは特許庁HP:特許行政年次報告書より抜粋)

 

インドネシア意匠出願件数

マレーシア意匠出願件数

タイ意匠出願件数

ベトナム意匠出願件数

関連記事

  1. 簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方
  2. 中国を攻略するための模倣品対策
  3. SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している…
  4. 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール…
  5. 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない著作権 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない…
  6. 商標のプレスリリースは時期に注意 商標のプレスリリースは時期に注意
  7. なぜ特許を取らなければならないのか? なぜ特許を取らなければならないのか?
  8. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル 著作権が助けてくれた中国商標トラブル
PAGE TOP