漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要

漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要

東南アジアのハブ国家であるシンガポールで商標を登録する企業が増えています。

シンガポールで登録する商標の文字にアルファベットを使うことが多いのですが、今後は香港と同じようにアルファベットの他に漢字の商標を登録しておいた方が安全です。

シンガポールは英語を公用語としますが、英語の他にも中国語を公用語とする漢字圏の国です。

実際、シンガポール人の約75%を華人が占めています。

また模倣品対策をするうえでもシンガポールに漢字の商標を登録するメリットがあります。

シンガポールは模倣品の製造国ではありませんが、中国で製造された模倣品がシンガポールを経由して輸出されています。

シンガポールで漢字の商標が登録されていれば、中国からシンガポールを経由して輸出される模倣品をシンガポールの税関で阻止することが期待できます。

関連記事

  1. SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している

    SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している

  2. 著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

    著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

  3. 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う

    区分の制限を受けない著作物を商標のように使う

  4. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

    中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

  5. 「Superdry極度乾燥(しなさい)」に学ぶ中国商標

    「Superdry極度乾燥(しなさい)」に学ぶ中国商標

  6. 新元号の商標登録可能性について解説します

  7. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法

  8. 知っておきたい通関の流れ