無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想

無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想

コンテンツを保護するはずの著作権ですが、コンテンツの無断視聴を禁止できないという致命的な欠陥を抱えています。

参考 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

 

たしかにアナログ時代に創作されたコンテンツを見たり聴いたり読んだりする視聴行為を禁止することはできません。

しかしデジタル時代に創作されたコンテンツならコンテンツの無断視聴を禁止することができます。

 

コンテンツの暗号化です。

 

暗号化されたコンテンツを視聴するためには暗号を解くキーが必要です。

暗号化されたコンテンツを無断で複製等しても暗号キーがなければコンテンツを視聴できません。

コンテンツを暗号化してコンテンツの無断視聴を防ぐことはコンテンツ保護の一つの理想形です。

 

ただし現行の著作権法では無断で視聴する行為を禁止していません。

従ってコンテンツの暗号を不正に解除してコンテンツを無断で視聴することを著作権法では禁止できません。

 

コンテンツの無断視聴を禁止するための技術を無効にしてしまう行為は不正競争行為として著作権法とは別の法律で禁止しています(不正競争防止法第2条第1項第10、11号)

関連記事

  1. iPhone6を中国で転売すると商標権侵害

    iPhone6を中国で転売すると商標権侵害

  2. 著作権侵害は誰にとって悪なのか

  3. 特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス

    特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス

  4. 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由

    著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由

  5. 70年前の著作権を相続しているかもしれない

  6. 商標権侵害の警告は突然やってくる

    商標権侵害の警告は突然やってくる

  7. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

    中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

  8. 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

    無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権