無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想

無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想

コンテンツを保護するはずの著作権ですが、コンテンツの無断視聴を禁止できないという致命的な欠陥を抱えています。

参考 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権

 

たしかにアナログ時代に創作されたコンテンツを見たり聴いたり読んだりする視聴行為を禁止することはできません。

しかしデジタル時代に創作されたコンテンツならコンテンツの無断視聴を禁止することができます。

 

コンテンツの暗号化です。

 

暗号化されたコンテンツを視聴するためには暗号を解くキーが必要です。

暗号化されたコンテンツを無断で複製等しても暗号キーがなければコンテンツを視聴できません。

コンテンツを暗号化してコンテンツの無断視聴を防ぐことはコンテンツ保護の一つの理想形です。

 

ただし現行の著作権法では無断で視聴する行為を禁止していません。

従ってコンテンツの暗号を不正に解除してコンテンツを無断で視聴することを著作権法では禁止できません。

 

コンテンツの無断視聴を禁止するための技術を無効にしてしまう行為は不正競争行為として著作権法とは別の法律で禁止しています(不正競争防止法第2条第1項第10、11号)

関連記事

  1. タイムスタンプ

    中国で製造していた金型。突然、意匠権侵害!タイムスタンプの活用。

  2. スポーツ中継のパブリックビューイング、大画面テレビと著作権の微妙な関係

    スポーツ中継のパブリックビューイング、大画面テレビと著作権の微妙な関係…

  3. 税関輸入差止が強すぎる理由

  4. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

    中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

  5. ネーミングとドメインと商標の密接な関係

  6. 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録

    国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録

  7. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。

    外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。

  8. 著作権フリーの落とし穴

    著作権フリーの落とし穴