現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない

海外企業と業務提携を進めてよいかを判断するためのメルクマールの一つは現地に特許等の知的財産権を保有しているかどうかです。

企業が業務提携を打診する理由は、自社にない技術資産を手っ取り早く取得するためです。

提携先企業に技術を供与した後のことを考えると、現地に知的財産権がないのは致命的です。

業務提携が終了したあとに技術供与先企業が製造販売する商品には供与した技術が使われています。

業務提携により技術や製造ノウハウを取得しているので、技術供与先企業が製造する商品の品質が悪いということはありません。

そのような製品が廉価で市場に流通したら現地の市場を失うも同然です。

業務提携が終了した後の市場への参入を制限するためには現地に保有する特許権が必要です。

特許のライセンス料を高く設定すれば廉価な商品が市場に流通することを制限することができます。

また無断で商品を流通させれば特許権の侵害として商品の流通を差止めることができます。

関連記事

  1. 先使用権の主張は侵害を認めたのと同じこと

    先使用権の主張は侵害を認めたのと同じこと

  2. ランチェスター式出願戦略のすすめ

  3. 外国出願

    外国商標登録を意識した日本商標登録出願

  4. 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要

    中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要

  5. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

    中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

  6. 商標の偽造と模倣の違い

    商標の偽造と模倣の違い

  7. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します

  8. 外国出願

    東南アジアの商標制度のまとめ