登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

登録商標と同じ商標を使わず、書体、色、配置などを変えて使うことがあります。

登録商標以外に書体、色、配置などの外観が類似する商標を使うということは、市場には外観が類似する純正商標がたくさん流通することになります。

このような商標は、模倣業者からみると模倣しやすい商標と見られてしまいます。

 

模倣品についている商品タグをみると、ひらがなやカタカナが間違っている場合が少なくありません。

「ち」と「さ」、「ワ」と「ク」、「り」と「リ」、「シ」と「ツ」など、日本人がみれば明らかに間違えだとわかるようなミスがたくさん見つかります。

商品タグを模倣するときと同じことが商標の模倣でも起こります。

 

書体、色、配置などの外観が純正商標と少しくらい違っていてもバレるはずがないと考えます。

 

権利者が登録商標と類似する商標を市場に流通させてしまうと、市場には登録商標と類似する純正の商標と、登録商標と類似する模倣商標とが混在することになります。

 

消費者が純正商標と模倣商標を混同するばかりではなく、権利者も純正商標と模倣商標の区別がつかなくなってしまいます。

 

商標を使うときは登録商標と同じ商標を正確に使うこと、商標を登録するときは使用する商標を登録することが模倣品対策になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 香港の商標は繁体字だけでなく簡体字も忘れずに

    香港の商標は繁体字だけでなく簡体字も忘れずに

  2. 中国を攻略するための模倣品対策

  3. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル

    著作権が助けてくれた中国商標トラブル

  4. 税関輸入差止が強すぎる理由

  5. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

    中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

  6. 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

    1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

  7. その秘密、ノウハウで守りきれますか?

  8. 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由

    商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由