立体商標と意匠の使い分け

ホンダの「スーパーカブ」や「ジャポニカ学習帳」など、これまで意匠として登録されることが多かった商品のデザインが、今後は立体商標としても登録される可能性が増えてきました。

参考 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」

ただ、商品のデザインを立体商標として出願するときは、その商品のデザインを将来も変更せずに使い続けるかどうかを考えておく必要があります。

「スーパーカブ」にしても「ジャポニカ学習帳」にしても、長い間、デザインを変えていません。

つまりデザインを変更するような商品の場合、立体商標は適さないということになります。

 

意匠と商標で大きく違う点は、登録になったあとの取消制度の有無にあります。

モデルチェンジで商品のデザインを変更することは良くあることですが、立体商標として登録した商品のデザインを変更して使用すると、商標登録されている元々の商標を使っていない状態になります。

商標の場合、登録された商標を実際に使っていないと取り消されることがあります。

関連記事

  1. 特許の取得は目的なのか手段なのか
  2. 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」
  3. 簡単にできるUI類似デザイン検索 簡単にできるUI類似デザイン検索
  4. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる 中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる
  5. 店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目
  6. 百度文庫 百度文庫にあなたの会社の機密文書が流出しているかもしれない
  7. 商標権侵害の警告は突然やってくる 商標権侵害の警告は突然やってくる
  8. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
PAGE TOP