著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由

著作権を譲渡してもらっても譲渡ができない著作者人格権は創作者である譲渡人に留保されたままです。

そのため著作権の譲渡契約をするときは、著作者人格権を行使しないという特約条項を加えるのが一般的です。

著作者人格権の不行使特約を規定しておけば譲渡人に留保されたままの著作者人格権により譲受人が訴えられるというリスクを回避することができます。

 

問題となるのは著作権を譲り受けた譲受人が、さらに第三者に著作権を譲渡した場合です。

譲受人と第三者が当事者となる譲渡契約には、著作者人格権を留保している譲渡人は登場しません。

著作者人格権を行使しないという特約は、譲受人と譲渡人との間にのみ効力を奏するので、著作者人格権を留保している譲渡人が、譲受人から著作権を譲り受けた第三者に対して著作者人格権を行使するというリスクを回避することはできません。

対応策として譲受人と第三者が当事者となる譲渡契約において、著作者人格権を留保している譲渡人を契約当事者として参加させて第三者に対して著作者人格権を行使しないという特約条項を加えることが考えられます。

しかし譲受人と第三者との間の譲渡契約に何ら関与しない譲渡人を譲渡契約に参加させることは難しいのが現実です。

さらに著作権が転々流通している場合は、著作者人格権を留保している譲渡人から著作権を譲り受けた第一譲受人以外は譲渡人の存在を把握していないことが少なくありません。

そのような場合には、譲渡契約に譲渡人を参加させること自体が不可能です。

著作権の譲渡契約をするときは、著作者人格権を留保している者が誰なのかを意識しておくと良いでしょう。

関連記事

  1. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは
  2. 著作権フリーの落とし穴 著作権フリーの落とし穴
  3. 商標が有名になると類似範囲は狭くなる不思議 商標が有名になると類似範囲が狭くなる不思議
  4. 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできません 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできませ…
  5. 同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる…
  6. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  7. なぜ著作権の保護期間は延長されるのか なぜ著作権の保護期間は延長されるのか
  8. 壁に落書きするならミッキーよりファービー 壁に落書きするならミッキーよりファービー
PAGE TOP