著作権フリーの落とし穴

著作権を気にしないで自由に利用できる著作権フリーと呼ばれる著作物には2つの種類があります。

一つは、著作権の保護期間が満了していたり、著作権法の保護対象ではないという理由で、誰でも自由に利用できるパブリックドメインになっている著作物です。

もう一つは、著作権は存在するけれど著作権者の意思で著作権を行使しないという理由で、自由に利用できる著作物です。

どちらの場合も自由に利用できることには違いはありませんが、著作権がある後者の場合は注意しておくことがあります。

 

それは著作者が死亡した場合です。

著作者が死亡した場合、その著作権は相続されます。

著作権を行使しないという故人の意思を引き続いて相続人が著作権を行使しなければ問題は顕在化しません。

しかし将来の相続人が著作権を行使するかどうかは誰にもわかりません。

法律的には非常に不安定な状態です。

 

著作権は著作者の死後も50年にわたって存続します。

著作権を譲り受けずに安易に著作権フリーに頼ってしまうと将来思わぬ落とし穴にはまる場合もあります。

関連記事

  1. 現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない
  2. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意…
  3. パソコンでできる簡単な商標調査 パソコンでできる簡単な商標調査
  4. なぜ特許を取らなければならないのか? なぜ特許を取らなければならないのか?
  5. ランチェスター式出願戦略のすすめ
  6. 国境のないクラウドサービスを知的財産で守る 国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る
  7. 東南アジアの商標制度 東南アジアの商標制度のまとめ
  8. 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない著作権 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない…
PAGE TOP