著作権侵害は誰にとって悪なのか

他人のコンテンツを無断でコピーしたり配布したりすることを著作権法では侵害と規定しています。

著作権を侵害する「複製」等の行為は刑事罰の対象にもなる悪質な行為ですが、本当に著作権侵害は悪いことなのでしょうか。

 

コンテンツを作っただけで満足する人はいないと思います。

誰かに読んでもらいたい、誰かに聴いてもらいたい、コンテンツを創った自分の存在を知ってもらいたい、と思うはずです。

そんなときに便利な方法がインターネットを使った拡散です。

 

コンテンツを無断で拡散することが著作権の侵害であると認識されていますが、コンテンツを創作した人の全てが、「拡散」を望んでいないとは限りません。

本当は無断で拡散してもらいたいと思っているのかもしれません。

 

著作権侵害に該当しても、無断で「拡散」してもいいと思っている人にとっては、その「侵害」は悪いことではなく良いことなのです。

今後、著作権の侵害が非親告罪になる可能性が高くなってきました。

良い殺人・悪い殺人という観念がないから、殺人をしたら被害者が親告しなくても刑事罰を科すというのはわかります。

良い「拡散」・悪い「拡散」が観念できる以上、無断で「拡散」したらコンテンツを創作した人が「被害」を親告しなくても著作権侵害として刑事罰を科すというのは如何なものでしょうか。

関連記事

  1. ランチェスター式出願戦略のすすめ

  2. ブランドイメージを守る3つのポイント

    ブランドイメージを守る3つのポイント

  3. 簡単にできるUI類似デザイン検索

    簡単にできるUI類似デザイン検索

  4. 中国商標。権利者の決め方

    中国商標。権利者の決め方

  5. SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している

    SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している

  6. 70年前の著作権を相続しているかもしれない

  7. なぜ著作権の保護期間は延長されるのか

    なぜ著作権の保護期間は延長されるのか

  8. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル

    著作権が助けてくれた中国商標トラブル