著作権侵害は誰にとって悪なのか

他人のコンテンツを無断でコピーしたり配布したりすることを著作権法では侵害と規定しています。

著作権を侵害する「複製」等の行為は刑事罰の対象にもなる悪質な行為ですが、本当に著作権侵害は悪いことなのでしょうか。

 

コンテンツを作っただけで満足する人はいないと思います。

誰かに読んでもらいたい、誰かに聴いてもらいたい、コンテンツを創った自分の存在を知ってもらいたい、と思うはずです。

そんなときに便利な方法がインターネットを使った拡散です。

 

コンテンツを無断で拡散することが著作権の侵害であると認識されていますが、コンテンツを創作した人の全てが、「拡散」を望んでいないとは限りません。

本当は無断で拡散してもらいたいと思っているのかもしれません。

 

著作権侵害に該当しても、無断で「拡散」してもいいと思っている人にとっては、その「侵害」は悪いことではなく良いことなのです。

今後、著作権の侵害が非親告罪になる可能性が高くなってきました。

良い殺人・悪い殺人という観念がないから、殺人をしたら被害者が親告しなくても刑事罰を科すというのはわかります。

良い「拡散」・悪い「拡散」が観念できる以上、無断で「拡散」したらコンテンツを創作した人が「被害」を親告しなくても著作権侵害として刑事罰を科すというのは如何なものでしょうか。

関連記事

  1. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる

    中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる

  2. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは

    商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは

  3. 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

    登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

  4. 絵で見る中国の知財パワーの凄まじさ

  5. 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要

    訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要

  6. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する

  7. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。

    喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。

  8. 中国へ化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく

    中国に化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく